歯槽膿漏の歯茎とは

歯槽膿漏の歯茎について

歯科で歯茎の治療とケアの指導

歯茎の状態が悪くなってくると歯槽膿漏になるので、そうなる前に歯科に行って治療をしましょう。定期的に通うことで腫れや痛みがなくなります。事前に予約をすることで待ち時間がなく治療をしてもらえます。治療をするときには最初に歯石を取ってもらうのですが、細かいところまで取ってもらうと口内環境が良くなります。歯槽膿漏になった歯茎は腫れて出血しやすい状態になっているので、歯科で治療をしてもらったあとには、歯磨きの方法を指導してもらいましょう。歯ブラシで丁寧にマッサージをすることで、腫れが徐々に治まってきて痛みや出血も無くなります。

歯科での歯槽膿漏の治療

歯科での歯槽膿漏の治療は、主に歯垢や歯石を取る治療となります。あまりにも重症の場合には、歯茎を切開し、膿を出して、痛み止めによる治療を行う場合もありますが、大抵の場合は、歯垢や歯石を除去し、歯磨きの指導を行ったりすることが治療の内容となります。歯科で治療を早目に行えば、早目に治療を終えることができるため、歯茎から血が出たりした場合には、早目に治療を行うことが大切です。また、普段からの定期健診も歯槽膿漏を早期発見することができるため、少なくとも半年に一度は定期健診を行うことが推奨されているので定期健診に行くこともお勧めです。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 歯槽膿漏の臭いと歯科について All rights reserved