歯槽膿漏の歯科治療

歯槽膿漏の歯科治療について

歯科での歯槽膿漏治療の違い

歯科で扱う代表的な疾患のひとつである歯槽膿漏は、細菌による感染症の一種です。プラークの中に潜む原因菌により、最初は歯肉の炎症、進行すると歯槽骨にまで炎症が及んで歯が抜けてしまいます。この病気は日本人の歯を失う原因のトップですが、初期のうちはほとんど自覚症状がなくいつの間にか重症化してしまうのが怖いところです。歯科では、進行度に合わせた歯槽膿漏の治療をしています。ごく初期の歯肉の炎症の段階であれば、スケーリングといって歯周ポケットのプラークを丁寧に取り除いてブラッシング指導を行います。重症になると、歯肉を切開して深部のプラークや膿を取り除く治療が必要になります。

歯槽膿漏が増えています

歯科医院に行くのは虫歯を治すためと思っている人が多いですが、実は、虫歯よりも歯を失う原因になるのが歯槽膿漏です。今では歯周病という言い方もしますが、歯茎が腫れて、膿が出たりといった症状で、放置していると歯に問題がなくても抜け落ちてしまいます。歯科医院でも、歯槽膿漏とは気づかないまま、固い物が噛みにくい、歯が浮いた感じがするといった症状で来院する人が増えています。進行性の病気なので、放置していても自然に治ることはありません。初期のうちは、痛みがなく、少し歯茎が腫れているだけですが、歯磨きをして血が出るようなら可能性が疑われます。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 歯槽膿漏の臭いと歯科について All rights reserved