歯槽膿漏の歯科処方薬

歯槽膿漏の歯科処方薬について

歯科処方の歯槽膿漏の治療薬

歯周病は、初期の症状は歯茎の炎症と、歯磨きの際の出血ですが、症状が悪化、進行することで「歯槽膿漏」になってしまいます。歯茎から膿、歯がぐらつくなどの症状があり、これを放置すると、最終的には歯が抜け落ちてしまいます。それを防ぐためにも、歯周病の症状が軽いうちに、歯科で治療を始めるべきです。かつては歯茎の切開手術を行うこともありましたが、現在は、痛みを伴わない「歯周内科治療」という、薬を用いた治療がほとんどです。抗生物質「ジスロマック」や、殺菌効果が高い「ファンギゾンシロップ」などが使われます。歯茎の異常を感じたら、早めの歯科受診をおすすめします。

歯槽膿漏に対する歯科での処置

歯槽膿漏は歯を支えている組織が歯と密接している部分である歯肉のあたりに炎症が起こっている状態のことを言います。歯茎からの出血や膿が出たり、歯のぐらつき、痛み、口臭などの症状が現れます。歯科ではまず炎症を抑える抗生剤や痛み止めを処方し、歯石を除去します。歯石が細菌のすみかになっているからです。炎症が激しい歯槽膿漏の場合は歯根や歯に周囲が溶けていることがあります。この場合は壊れた歯を抜いたり、歯茎を削る処置を行います。治療後は正しい歯磨きの仕方を指導したり、定期的に歯石の除去でケアしていきます。歯科で治療から予防までを行います。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 歯槽膿漏の臭いと歯科について All rights reserved