歯槽膿漏の臭いと歯科

歯槽膿漏の臭いと歯科について

歯槽膿漏の臭いは歯科で対策

歯槽膿漏は歯茎の病気である歯周病が悪化して起こるもので、口臭が歯周病よりも強烈になる恐れがあるとても厄介な病気です。原因として考えられるのは歯と歯茎の間にできた歯周ポケットに溜まったプラークやそのプラークが石灰化してできる歯石であると言われており、これは歯ブラシや歯間ブラシを使い自力で除去することも可能ですが磨き残しの恐れがあるのであまり過信できません。臭いの元を除去したいのであれば歯科医院で適切な治療やケアを行ってもらう方が効率的かつ綺麗に取り除くことができるのでお勧めです。また通院の際にブラッシング指導など日常生活の中で行うことができる口腔ケアの方法を教わり、それを実践するだけでも非常に効果があります。多くの歯科医院ではこういった指導を丁寧に行ってくれますので気軽に相談してみてください。

歯槽膿漏の診断と治療について

歯槽膿漏とは虫歯と並ぶ歯科の二大疾患で、歯を支える歯周組織が徐々に侵されていく病気です。症状としては、歯肉の腫れ、出血、可能、歯のぐらつき、口臭など、様々で枚挙に暇がありません。歯槽膿漏の診断は、歯科を受診し、X線写真による骨の吸収の程度や歯周ポケットに器具を入れた際の出血の有無、歯の動揺度などを調べることで診断を行います。治療については、その原因が細菌であるということを前提に始められます。具体的には、歯に付着している歯垢や歯石などの汚れを除去し、歯茎の炎症や痛みを鎮めます。また、歯周ポケット内の病的な組織を掻きだし、場合によっては歯肉を切って歯根をきれいにする外科的な処置も行われます。さらに最近では、組織を取り除くだけでなく、再生させるGTRという治療法も応用されています。

↑PAGE TOP

Copyright © 歯槽膿漏の臭いと歯科について All rights reserved